少額融資なら無審査で即日融資OK!?

MENU

少額融資なら無審査で即日融資も可能?

  • 1万円くらいなら審査なしで借りられるのでは?
  • 5万円あればいいので無審査の業者はないのか?

 

と考えてしまいがちですが、残念ながら正規の業者は金額の大小に関係なく審査は必要です。ただ、少額で良いなら消費者金融や銀行を利用せずにお金を作る方法はあります。

 

少額だからといって即日融資で無審査は不可能

少額でも審査は必ずある

カードローン審査なしで貸してくれるところはありません。必ず審査はあります。「1万円あればいいだけなのに」「たった2万円でも審査するのか」と考える人もいますが、正規の業者であれば契約する額の大小にかかわらず審査が実施されます。

 

これは返済能力のない人にお金を貸して返済されなかったときに、業者がまるごと損失するからです。

 

カードローンは基本的に無担保で保証人も不要なローンです。そのため、本人の返済能力が唯一の保証となります。

 

たとえ1万円だけ借りればいいというケースでも、必ず審査は実施されます。

 

カードローンの審査の第一歩は「申込者の本人確認」です。無人契約機やパソコンの送信元にいる人が、他人の名前をかたって借入していないかを確認します。そのため、本人確認書類となるものは、運転免許証やパスポートなどの「顔写真入りの公的書類」が必須となります。

 

他人が本人に成りすましてお金を勝手に借りることがないように、業者では細心の注意を払っています。実際に、他人の運転免許証を使ってお金を借りようとする人は毎年多数いるという事情もあります。

 

審査ではもうひとつ、その人が確かに返済できる見込みがあることを確認します。職業となるべきものを持っており、職場に勤務している実態があって、そこから給与をもらっていることを確認して初めて業者はお金を貸す契約を結びます。

 

貸金業者が審査を行う理由

貸金業者は貸金業法にのっとった運営をしないと行政処分されます。営業停止や登録の剥奪といった厳しい措置が採られるリスクがあるので、どうしても審査をせざるを得ません。

 

審査は申込者の返済能力に合わせた金額を設定して貸付することと、貸金業法に準ずることの2点の目的のために行われています。

 

近年では、貸金業者だけでなく銀行に対しても貸しすぎが問題となっています。一時期のように自己破産者が続出する状態から脱したとはいえ、まだ日本は消費者がお金を借りすぎている傾向があると金融庁は考えており、その規制を年々厳しくしつつあります。

 

そのため、業者としても細心の注意を払って審査を行っており、たとえ少額であっても通常の審査は規則通りに行われます。

 

ネットでは「審査の甘い業者」として多くの中小の業者が紹介されています。これは、たとえば審査通過率の高い業者や、信用情報に問題のある人にも貸出する業者のことで、「無審査の業者」ではありません。

 

「無審査の貸金業者ってないのかな?」などと考えるということは、その人には何らかの審査を受けたくない事情があるということです。自分の今の状況で審査がネックとならない借入方法を探して、そのうえで正規の業者から借入しましょう。

 

審査なし・即日融資をうたっているのは闇金

ネットを検索していると、実際に「無審査で貸出をする」とサイトに記載している業者がたくさんヒットします。「審査なし」「誰にでも貸します」「ブラックでもOK」などといった文句で広告を出している業者も数多くあります。

 

こういった業者はすべて闇金です。決して手を出してはいけません。闇金業者が審査なしでも貸すのは、貸し倒れになっても利益が出るように法外な高金利で貸しているからです。正規の業者なら、契約する額にかかわらず審査をします。

 

無担保・無保証であるため本人の返済能力が唯一の信用となっているからです。ところが、闇金はそういった審査を嫌がる理由のある人に対して「審査はしません。誰にでも貸しますよ」と甘い文句で誘い込んで、高金利で貸して強引な方法で取り立てしようとしています。

 

近年ではソフト闇金というものも登場しています。ネットで堂々と「自分たちはソフト闇金です」と公表しているところも多くあります。

 

「ソフト」と付いているのので「闇金とはいっても、威嚇的だったり脅迫的なところではないところなのだろう」と思いがちですが、結局は違法業者です。

 

「すぐにお金が入るから利用してもいいだろう」などと軽く考えてはいけません。暴利をむさぼる悪質な組織であることには変わりません。なかなか完済させない、完済しても押し貸しする、自宅や職場に延々と電話を掛け続けるといった迷惑行為を行うのが闇金です。絶対に利用しないようにしましょう。

 

ワケありの人は街金でお金を借りる

消費者金融というと、アイフルやアコム、プロミスなどの大手の業者などを思い出す人が多いでしょう。実際、個人向けの融資については大手が寡占状態にあり、一部の業者の知名度が突出して高く、それ以外の業者はほとんど知られていないという状態です。

 

実際は、アイフルやアコムのような大手ではなく中小規模で経営している消費者金融は全国に数多くあり、こういった業者を街金と呼んでいます。

 

街金を利用する人の多くは、ブラックリストに入っている人や自己破産者です。法律上は、ブラックリストに入っている人に貸してはいけないとは定められていません。あくまで業界内の自主的な規制です。

 

大手で断られるようなブラックや破産者にも街金は貸出します。ただし、「ブラックでもOK」と広告を出すと行政から指導が入ってしまうため、そういった情報はあまり表に出ません。

 

街金は地域密着型の金融機関です。地域ごとに営業エリアがあり、その範囲内で顧客を募集しています。近年ではインターネットの発達により全国から申し込みができるようになっていますが、基本は地域限定の業者です。

 

街金のある都道府県は以下のようになっています。

 

  • 関東地方:東京、埼玉、千葉、神奈川
  • 関西地方:大阪
  • 東海地方:愛知
  • 九州地方:福岡

 

自分の住んでいる地方で営業している街金に連絡して、足を運んでみましょう。無審査ではありませんが、独自の基準で審査してその場で即日融資もしてもらえます。

 

無審査・即日で少額のお金を作る方法

バンドルカードを使う

少額で良いなら、無審査で即日お金を用意できる方法はあります。カードローンやクレジットカードのキャッシング枠などを申し込むことなく一時的にその場をしのぐ方法です。「無審査で使える後払い」というシステムを利用することによって、いくらかのお金を手に入れることはできます。

 

たとえばスマートフォンのアプリ「バンドルカード」は後払い方式で使えるので、これを使えば簡単に現金を手にできます。

 

バンドルカードというのは、スマホ上でVISAのプリペイドカードを作るアプリです。プリペイドカードですから、SuicaやPasmoのようにお金をチャージして物品を購入するのが本来の使い方です。ところが、これには「ポチッとチャージ」というサービスがあり、これを使うと現金がなくてもチャージ可能です。

 

バンドルカードでポチッとチャージを使うと5000円まで後払いでチャージできます。このチャージ額はほとんどすべてのVISA加盟店で使うことができます。この5000円でたとえばAmazon商品券を購入して、それを買取専門店に売却すると高ければ4000円程度になります。

 

ポチッとチャージで利用した後は手数料500円を加えた額を翌月末までにコンビニ店頭などで支払いします。ただし、この方法はバンドルカードの規約に触れるので実行は自己責任で行いましょう。

 

携帯キャリアの後払いサービスを使う

バンドルカード以外にも携帯キャリアの後払いサービスを使って現金化もできます。

 

  • docomoユーザー:ドコモ払い
  • auユーザー:auかんたん決済
  • ソフトバンク:ソフトバンクまとめて支払い

 

以上のサービスは次回の携帯料金と利用料金を一緒に支払うサービスで、ドコモ払いはAmazonで使えますし、メルカリ、ヤフーショッピングなどで使うこともできます。

 

この他、paidyやatoneといったアプリでも翌月までにコンビニなどで支払いする方式で決済します。バンドルカード以外の後払いアプリは提携店が少ないのであまり使い勝手は良くありませんが、それでもないよりはマシでしょう。

 

最も使い勝手が良いのはドコモ払いです。Amazonの決済に利用できるので、EメールタイプのAmazonギフト県を購入して、それを買い取ってくれる専門店に売却というやり方で、ギフト券の90%程度の現金を手に入れることができます。

 

これも利用規約にふれる行為なので自己責任でやりましょう。

 

また、携帯キャリアでの後払いサービスは、携帯料金の支払いが滞っているときには利用できません。あくまで非常手段です。どうしても数千円が必要で、短期間で支払額を用意できるときに限ります。

 

自家用車を担保にする

自家用車を持っているのであれば、「車で融資」という金融機関を利用して現金を手にできます。これは自分の車を担保にお金を借りる方法ですので、審査らしい審査はありません。

 

その代わり、返済できないとマイカーを手放すことになるので、利用では注意が必要です。「車で融資」はネットで検索すれば各都道府県に多くの業者があることが分かります。

 

預かり融資

預かり融資は、車を業者に預けてお金を借りるやり方です。契約してから完済するまでの間は自分の車を会社に預けるので、乗ることはできません。車を預けている間は、完全に名義が融資業者に移ることになるので、もし悪質な業者に預けてしまうと勝手に車を売却されるリスクがあります。

 

乗ったまま融資

これは自家用車を業者に預けることなくお金を借りる方法です。ただし、お金を借りても車は自由に使うことができます。これも車を担保とするので、もし返済できなければ車を業者に引き渡すことになります。

 

ただし、車検証は業者に預けることになっていることがほとんどです。車検証を積まずに運転するのは道路運送車両法に違反することになります。もし検問にあったら、発覚するリスクがあります。

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードの現金化は古くからある手法で、これも無審査で即日融資を受けることが可能です。

 

通常は業者が指定した金券や回数券などをクレジットカードを使って購入し、それを業者が手数料を割り引いた価格で買い取るという方式を採ります。

 

貸金業法が改正される前からある方法で、大きな街に行くと必ずと言っていいほど道路に看板を出して営業しているところを目にできます。

 

一見すると質屋を使うのとあまり変わりません。質屋も、現物を持ち込んでそれを担保にお金を借りるシステムです。返済期限までに返済できなければ、そのまま品物は質流れします。これと同様に、最初から売却する形にするのがクレジットカードの現金化のように思いがちです。

 

ところが、このクレジットカードの現金化は法律上は限りなく黒に近いグレーで、クレジットカード会社の規約ではほぼ必ず禁止されている行為です。

 

というのも、クレジットカードで購入した物品は、支払いが完了するまではクレジット会社の所有であって、勝手に売却してはならないからです。発覚したら100%カードは解約となり、残債を一括で請求されます。強制解約は、個人情報機関にブラック情報として記載されます。充分に注意しましょう。

 

少額のお金を用意したいなら 

JRビューカードで支払いを後回しにする

JRビューカードを持っている人限定ですが、手数料なしで支払いを先延ばしにすることが可能です。

 

たとえばビューカードで1回払いにして購入した後から2回払いやボーナス1回払いに変更できて、このとき金利はゼロです。

 

楽天カードやライフカードでも同様に、「後からリボ」などの支払い方法を選択できますが、通常は金利が発生します。ビューカードは後から支払いスパンを後に延ばせるだけでなく、金利もかかりません。元から持っているカードなので、審査も不要です。

 

クレジットカードを使ってAmazonギフト券を購入し、それを金券ショップに売却するという方法は良く紹介されていますが、クレジットカードにかかる手数料は無視して紹介されることがほとんどです。Amazonギフト券の売却は、買取だけでも手数料がかかりますし、クレジットカードそのものの手数料もかかります。

 

二重に手数料を支払っていたところを、1回だけで済ませることが可能なので、その分お得と言えるでしょう。ただ、これも規約には違反していますので、あくまで自己責任でやりましょう。

 

身の回りにあるものを売る

まったく審査も不要な現金化の手段は、自分が持っているものを売却することです。売れるものの代表はバッグや服、アクセサリーなどがあります。いわゆる質屋や買取屋に持っていき、査定してもらって現金を手にするという原始的な方法です。

 

家電製品やパソコン周りのデバイス、家具なども売ることが可能です。家電や家具ならリサイクルショップでも良いでしょう。本やDVD、CDなども現金にすることが可能です。漫画やアニメグッズなども高く査定が出ることがあります。漫画なら全巻揃っていると買取価格がアップします。

 

時間的な余裕があるなら、ヤクオフやメルカリなどで出品して売るほうが高く買い取ってもらえます。

 

小銭程度でいいなら、空き缶や瓶、新聞や雑誌などの古紙も専門の業者に売るといくらかのお金に変えることが可能です。専門業者を知らなくても、空き缶は大型のショッピングモールに行くと割引券に交換してもらえます。空き缶は1キロで約115円、古紙は1キロで約10円というのが相場です。

 

古本は状態にもよりますが、業者からダンボールを送ってもらって、それに詰め込んで買取に出すという方法があります。資格の勉強に使う書籍は状態が良いと高く売れます。携帯電話やスマートフォン、家電製品に使う電源のコードにも値段が付きます。

 

まったく使用していない電源コードがあったらハードオフなどに持っていきましょう。古いゲーム機はマニアに高く売れることもあります。未使用のカセットテープにも価格が付くことがあります。

 

単発バイトをする

確実にお金を手に入れる方法は、やはり働くことです。アルバイトのなかには、即日勤務で翌日手渡しという方法で給料を支払ってくれるところもあります。ピッキング作業や工場のライン作業、イベントスタッフ、交通整理、建築現場の後片付けなどは未経験でも問題なく働くことができます。

 

短期や単発バイトは面接もなく、研修もなく、仕事のハードルが低いものが多いので短期的にお金に困っているときに役立ちます。短期・単発バイトに特化した募集サイトは多数存在しており、いつでもすぐに仕事を始めることが可能です。申し込んだ翌日に勤務開始となるところもあります。

 

即日勤務・即日手渡しという仕事もたくさんあります。とりあえずのお金を手にできたら、本格的にアルバイトなどの仕事を探しましょう。

 

単発バイトでは困難ですが、週に3日以上・1ヶ月間同じ職場で働いていると「安定して継続的な収入がある」とみなされ、審査の甘い消費者金融業者の審査にも通過できるようになります。

 

買取アプリを使う

登場した途端に利便性の高さで評判になった買取アプリが「CASH」です。自宅にある古着などをスマートフォンで撮影すると、すぐに査定金額が表示されて現金にできるアプリです。フリマアプリなどと違って、自分で売るのではなく、単に撮影して2週間以内に品物を送るだけです。

 

品物を送る前に、撮影するだけで現金を振り込んでもらえるのが特徴です。

 

「CASH」の使い方

・撮影
現金化したい品物のカテゴリ、ブランド、コンディションを選択して写真を撮ると、査定金額が表示されます。

 

・ウォレットに保存
査定された品物のなかから現金化して良いと判断したものを選んで「キャッシュにする」を選択すると、アプリ内にあるウォレットにキャッシュがたまります。

 

・身分証を撮影
運転免許証などの身分証を撮影し、住所と名前と一緒に送信します。

 

・アプリから集荷
アプリで集荷の日時を指定します。発送は2週間以内が原則です。

 

・キャッシュの現金化
現金は銀行振込で入金されます。申請するとすぐに入金されます。

 

・発送
指定日に集荷が来るので品物を発送します。

 

おすすめしない方法

知人に借りる

お金がないときに、知人にお金を借りるのは賢明な手段とは言えません。返せなかったときに、関係が破綻してしまうからです。実家や親戚から借りるのが困難で、利息が心配という理由で知人に借りるという選択をする人も少なくありませんが、よほどのことがない限り止めておきましょう。

 

もし借りるというのなら、簡単なもので良いので借用書を作成して、きっちり返済もしましょう。

 

ギャンブル

お金がないときに最もやってはいけないのがギャンブルです。パチンコやスロット、競馬などで大きく勝ったことのある人は、ついギャンブルやればすぐに現金が作れると思ってしまいがちです。

 

明日の生活費に困っている状態で、自分のお金をギャンブルにつぎこむのは異常な精神状態です。

 

闇金

お金を借りる手段として最悪なのが闇金です。法外な利息で貸付られて、厳しい取り立てにあいます。個人情報を売り渡すことにもなり、人生そのものが台無しになってしまう可能性があります。

 

まとめ

無審査で即日融資という業者はありません。あっても闇金です。闇金に手を出すと、人生に大変な悪影響が及びます。少額のお金を作る方法は様々にあります。まずはできる限りのことをしておきましょう。